生活費の中の固定費

生活する上で必要なお金

トップ

固定費から見た生活情報

新着情報

固定費を生活に合わせて見直す

固定費とは生活するうえで一月に必ずかかる費用のことで、家賃や月々のローン、毎月支払いの保険料、学費、分割払いローンの費用など毎月必ず必要な決まった額の費用のことです。この固定費を見直すことで効果的に家計の節約ができるのです。たとえば、加入している保険の見直しをして本当に必要なものだけを選んでみたり、同じような内容で保険会社を色々と調べてみると、今まで払っていた額よりも安くできることがあります。他の費用でも本当に今の自分のに必要なものかどうかを生活に合わせて見直すということが、節約を上手にできるポイントであると言えます。

生活費

様々な固定費がかかります

生活費の見直しの中で、忘れてはいけないのが固定費です。家賃や保険料は当たり前ですが、携帯電話や固定電話、電気などの基本使用料も固定費とみなせます。家賃は家主や管理会社に相談するか引越しという選択肢になる大がかりな作業になると思いますが、携帯電話や電気などの基本使用料は電話1本で変更することができますので、本当に今のプランが自分に合っているのかを見極めることが重要です。1か月あたり500円だとしても、1年で6000円の節約になります。日中より夜間の電気代が安いプランなどもありますので、自分の生活スタイルに合った契約に変更してみてください。